快適さを追求した東京ー大阪間の夜行バス

一時期の価格競争は影を潜め、今では夜行バスは高級路線が人気を集めるようになりました。

特に、東京ー大阪間のバスはラグジュアリーな高速バスが利用者から評判です。通常、格安バスの場合は4列席のところ、高級路線のバスは2列で個室のように引き戸やカーテンで仕切られています。個室空間を確保することができるので、周囲の目を気にせずにゆったりと過ごすことができるのです。次に、東京ー大阪間の夜行バスには高品質なリクライニングシートを導入し、移動中に身体が疲れないような工夫が随所に見られます。国内法により、リクライニングを180度倒すことができない代わりに、無重力のように1点で体を支えることができる構造のシートになっています。

シートは幅も広く、180cmの大柄の男性でも余裕のある座席になっているため、窮屈さを感じることが殆どありません。女性に関しては言うまでもなく、上下左右のスペースが十分広いので、座席で寝返りをうつこともできるのです。さらに、車内のアメニティグッズが充実していて、サービスにも定評があります。大阪ー東京間の夜行バスでは、搭乗するとすぐに車掌からの挨拶があり、冷たいおしぼりとお水のサービスが提供されます。また、早朝には再び車掌から冷たい飲み物の提供があるので、渇いた喉を潤すことができます。もちろん、1つの座席につきコンセントが設けられていて、室内にはそれぞれに空気清浄機が設置されていて快適そのものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *